見たことのない人ごみ





自分でスレを立てたときの文章を読み返すとまるで日本語になっていない事に気付く。

これを全部カタカナに変えて少し手を加えると

「イマコモン1ニイマス アルヨ ヒトデガ スゴクテ アカイバンダナ サガセナイ アルヨ 185cmノオオオトコ アルヨ ウデニ キイロイ バンダナ アルヨ ミカケタラ コエヲ カケル ヨロシ」

 接続詞を使わないヘンテコリンな日本語使いの自分は何人なんだ?おい。

という話はおいて置いて。

コモン1でボクが見たのは、今までに目にしたことのない人ごみ。そんな中、ボクは自らの携帯アドレスを載せることで(反則技)他の住人のナビゲートをあおごう考えた。それほどボクが見た人ごみは、そこから赤いバンダナの同志を探すのは、絶望的と思わせるもので、携帯アドレス公開は苦肉の策だった。

そこで初めて携帯から掲示板にアクセスし、会場内には既にバンダナの同志がいることを確認すると同時に、自宅で心温かく応援してくれている人々のメッセージを読んで、それだけで涙が出そうになった。

各コモンで19:00の時点に確実に、閉幕へ向けてのカウントダウンを始めていて、コモン内のステージでは、フィナーレに向けたショーが行われている中、もう一つのお気に入りであるアンデス共同館に急いだ。

途中、掲示板の常連さんであるけいさんから、掲示板の動きをリアルタイムで伝えれくれるメールを受信し、一人じゃないんだなと思うと胸がいっぱいになった。

アンデス共同館にお別れを告げた後、同志を探そう!

コモン2に到着した時点で、アルゼンチン館ステージでは最後のショーが行われていて、入りきれない人々も、入退場口からステージを見つめ、みんなが手拍子でショーを盛り上げていた。

その隣りで、ひっそりと静まり返るアンデス共同館。sisayのライブに魅了され何度か足を運んだパビリオンは、封鎖され、その外では外国人スタッフと日本人スタッフとが手を取り合い、あるものはハグをかわしながら、185日間の労をねぎらいあっていて、ボクもちゃっかり、そのひとりひとりと握手を交わしてお礼を述べて、そこを後にした・・・・・・


   
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー